内臓脂肪を減らすサプリは効果なし?内臓脂肪を溶かす方法とは

内臓脂肪はそもそもなんで付くのか?原因は?

内臓の周りにできることで呼ばれる内臓脂肪ですが、これができてしまうと内臓周辺を圧迫し、血液の流れも悪くなります。腸が圧迫されれば便通も悪くなりますし、胃が圧迫されれば逆流性食道炎にもつながります。

さらにお腹が重たくなれば支えようとする力が必要になりますので、背中の筋肉にも負担がかかってしまうのです。  内臓脂肪は、摂取しすぎて使いきれずに残ってしまったエネルギーが脂の形で残ってしまうことにあります。つまりついてしまう原因として一番は消費カロリーよりも摂取カロリーが多い、ということです。食べ過ぎてしまえばそのエネルギーが使いきれず、蓄積されている状態なのです。

内臓脂肪を落とすにはどんな食べ物と成分が効く?

内臓脂肪を落とすため有効と言われている食べ物には、青魚が1番です。鯖やイワシなどの青魚にはオメガ脂肪酸という油が含まれていますが、オメガ脂肪酸には痩せる作用があるホルモンを活性化させるという効果が有ります。

油はカロリーも高いですし、カロリーの摂取量だけ考えると敬遠されてしまう方も多いかも知れません。しかし青魚を含め、クルミなどのナッツ類やアマニ油も同様で、内臓脂肪を落としたい方は積極的に摂取していきましょう。  またコーヒーなどに含まれるカフェインも脂肪燃焼させる効果がありますので、一日3杯程度食後に飲むのが理想です。酢というのも脂肪を燃焼させたり分解する効果がありますので、普段の料理に加えたりフルーツ酢などでしたら飲み物としても使えますのでお勧めです。

内臓脂肪を落とす成分を効率よくとるならサプリも効果なしではない

とはいえ、青魚やくるみを毎日食べるのはなかなか難しいですよね。なのでシボヘールメタストンなどの内臓脂肪が減る成分が含まれているサプリメントを摂るのも効果的で、効果なしではないです。

健康や美容に良いとされるサプリメントが、各メーカーから多数出ていますが、内臓脂肪を減らすことに限定したサプリが特に効果的です。食べ物の栄養素からも痩せやすくなるオメガ脂肪酸やカフェインなどを摂取をすることが理想です。食事だけでは十分に摂取が出来ない場合には、内臓脂肪サプリを飲めば効率よく摂取することが出来てお勧めです。

内臓脂肪をちゃんと落とすサプリ(1)シボヘール

年齢とともにお腹が気になりだした

肥満気味BMI数値が25から30と高めである

そんな方にお勧めなのが内臓脂肪サプリのシボヘールです。内臓脂肪を落とすには、適度な運動や食事制限が必須ですが、若い時と同じような生活をしていても、代謝が低くなってきているので燃焼しづらいのです。シボヘールは、葛の花由来イソフラボンが配合されている事で、脂肪の合成を抑制し、分解、さらに燃焼させる効果が期待できるため、内臓脂肪を減らす事ができる内臓脂肪サプリです。

内臓脂肪をちゃんと落とすサプリ(2)メタストンW

内臓脂肪は男性につきやすく、皮下脂肪は女性につきやすい、そういった特徴があります。メタストンWには、葛の花由来イソフラボンの作用で、脂肪分解と燃焼を促進し、肝臓に運ばれた糖や脂が中性脂肪になる事を抑制する効果が期待出来ます。

【実録】ダイエットを成功させたいメンズ必見!男には男の減量法

2019.06.29

内臓脂肪サプリの中でも皮下脂肪にも作用できるため、皮下脂肪が出来てしまってお悩みの女性にもおすすめです。機能性表示食品で、医薬品ではありませんので副作用の心配も無く続けられます。まずは3か月を目安に1日4粒飲むことから始めてみましょう。飲むだけでももちろん効果は有りますが、ウォーキングなども軽く行ったり、脂っこい食事や糖質は控えてみるとさらに効果が高まります。

内臓脂肪サプリまとめ

内臓脂肪は皮下脂肪と比較すると、炭水化物を控えれば比較的減らしやすいと言われています。しかし増えてしまったということは生活習慣も乱れていたり、運動不足も想定されます。年齢とともに代謝が下がっていますので、同じ行動をしていても脂肪は付きやすくなっていますし、困った時には内臓脂肪サプリを飲んで内側から有効成分を摂取していくのもオススメです。  内臓脂肪サプリには、皮下脂肪と内臓脂肪と両方に作用するタイプもありますし、女性でも効果的に使う事が出来ます。ある程度毎日飲み続けていくものですので、コストパフォーマンスも考えると公式サイトから定期便で申し込むのがお安く購入する秘訣です。