ダイエットするなら絶対に知るべき「チートデイ」の仕組みと効果

そもそもチートデイとは?

チートデイは日本語で騙す日・ごまかす日を意味することばで、憧れの引き締まった体になるために行う減量をスムーズに行うためのダイエット中でもある程度ならなんでも食べていい日です。この特別な日は減量の停滞期にも受けられ、減量期間中に丸1日だけ高カロリーの摂取もOKとして、体が飢餓状態だと認識するのを防ぐための日です。つまり、体を騙してダイエット中に起こるストレスを軽くすることで、減量をより成功しやすくしていきます。 減量をしていると、ある時からどんなにがんばってもなかなか体重が落ちないという減量の停滞期がやってきます。

痩せ若丸

減量スタート後から順調に体脂肪なども落ちていくのですが、停滞期には体重変化が少なくなり、減量状態に体が慣れることで飢餓状態になったと認識してエネルギー消費が少なくなってしまうんだ!

\おすすめの関連記事/

【マジで簡単】痩せる方法で短期間ダイエット

2019.04.02

ダイエットの停滞期とチートデイの関係

引用:ココカラウェブ

ダイエット停滞期はどんなにがんばって減量しても、なかなか体重や脂肪などが減らない状態になっています。この停滞期は体が飢餓状態になったと察知することが原因と言われています。人間が生き延びるための体の仕組みが機能して、消費エネルギーを抑えてしまうのです。そうすることで、少しでもエネルギーを無駄に消費しないようにしているのです。

ところがこのような停滞期が来てしまうと、ダイエットしている側としては体重が減らず、困ってしまいます。そのため、飢餓状態ではないと認識させて、より効率的に減量を行うために特別な日を設けるのです。特別に日を設けることによって、体が飢餓状態になっているという認識を回避することができるため、この日(チートデイ)を設けることで順調に体重を減らしていくことが可能になります。

\おすすめの関連記事/

ダイエットしてるのに痩せない人へ! 理由や原因と改善方法

2019.03.09

チートデイは何日間?1日?

体を騙すという日を設けることで、停滞期に体重減少が起こりにくくなることを防ぐことができます。そのような特別な日は何日間設けるのでしょうか? 基本的にこの特別な日はたった1日だけ設けます。逆に、1日で終了しなければ、本来の減量という目的から遠のいてしまいます。

痩せ若丸

本当は毎日チートデイがいいなぁ…..笑

何日も続けてこうした日が設定されるなら、減量をしている意味はなくなるでしょう。その前後は減量中のライフスタイルを維持するようにして、体に大きな負担がかからないようにします。しかし、高カロリーの食事を摂るのは、本来のダイエットという目的に沿って一日だけということなのです。その一日は割り切っていつもの食事を楽しむことができます。

チートデイのやり方・食事の仕方

チートデイを行う時には、

開始時よりも体重が5%減っており、体脂肪率が20%前後

という場合のみ行うようにします。そして、この日に実施するという計画を事前に立てておくようにします。いつもの食事で好きなものを食べることができるのが特別な日のメリットと言えます。

チートデイでも食べ過ぎはダメ!摂取カロリーの目安

しかし、摂取カロリーについては目安がありますので、事前に確認しておくようにします。

基本的には

体重×40kcal、除脂肪体重×55kcal、そして基礎代謝×3倍

という目安があります。例えば、身長150㎝で体重が55kg、体脂肪率が20%の30歳の人のケースだと、体重×40kcalという計算に基づいて、55×40という2200kcalが目安です。除脂肪体重×55kcalであるので、44(55×0.8)×55という式で2420kcal、基礎代謝×3倍という目安は、1322×3という式を計算して3966kcalとなります。一日だけこの目安で好きなものを楽しみましょう。

\おすすめの関連記事/

ダイエット中の運動後の食事は太る? ベストなタイミングやメニューまで!

2019.02.14

チートデイは気持ち(メンタル)も大事

減量にはメンタル面も大切です。人はほしいものを我慢したり、辛いことを続けたりしているとストレスをどうしても感じてしまい、そのことが挫折の理由にもなってしまいます。この特別な日は一日だけ自分の食べたいものを食べることができる日です。そのような日を設けることで、このような積み重なってきたストレスから自身を一日だけ開放することができます。 そのことはピンと張りつめていた気持ちを少しリラックスさせる事にも繋がり、その後の減量のストレスに備え、小休憩を取ることでもあります。特別な日を成功させ、その後の減量を継続していくためにも、できるだけ停滞期を早く脱することが大切です。気持ちを維持していくという意味でも、効率的な減量を継続するための特別な日なのです。

チートデイは間違えると危険!注意点とは?

注意点とは この特別な日はダイエットの停滞期を克服するために行うものです。そのため、まだ体重が落ちていないのにわざわざ好きなものをたっぷり食べられる日を設けうことは本来の目的からそれてしまいますので危険ですから注意しましょう。

ダイエットを初めてから数キロほど減ったものの、その後全然減らないという時に事前に計画を立ててから始めましょう。 ダイエットが辛いから今日実施するというのは適切ではありません。事前に日にちを決めておくことで、ダイエット中の励みにもなり、モチベーションを維持しやすくなるということもその理由です。この様な日は 絶対に1日だけにするということが大切です。何日もこのような日を設けてしまうと、それは単なるリバウンドになってしまいますので注意です。本来のダイエットの目的から、一日だけ設けるということが大切です。

\おすすめの関連記事/

【リバウンドしたあなたへ】 ダイエット成功の解決策を原因別に

2019.03.08

チートデイまとめ

チートデイは体を騙す日という意味の言葉で、ダイエットの停滞期により効率的に減量を行うために実施されます。このような特別な日は一日だけ実施し、その日は好きな食事を楽しむことができます。このような日を取り入れることで、体が飢餓状態だと認識するのを防ぐことができますし、張りつめていた気持ちを少しリラックスさせることができます。 その後の減量を継続していくためにも、可能な限り停滞期を早く脱することが大切で、この特別な日はそのような目的で実施されています。