【徹底解説】防風通聖散の生漢煎とは?飲み方、飲むタイミング・購入法教えます!

生漢煎防風通聖散とは?

生漢煎防風通聖散とは、お腹周りについている脂肪が気になる人・便秘の症状が見られる人に最適な漢方薬です。年齢を重ねていくと、今までと同じ食事をしていたら太ってしまったと感じる人も多いと思います。お腹周りは特に脂肪がつきやすく、ダイエットなどでも落としにくいと言われています。生漢煎 防風通聖散は、そういった手強いお腹周りの脂肪に効果を発揮してくれます。

生薬の力で新陳代謝を高め、脂肪を燃焼しやすくする働きがあります。年齢が上がると太りやすくなるのは、基礎代謝が下がってしまうからです。18種類の生薬が配合されており、代謝を高めて消費されるエネルギーを増やしてくれます。便通も良くなりますし、利尿作用もあります。そのため、便秘やむくみを解消するのにも効果的です。女性は便秘に悩まされることも多く、体に老廃物が溜まっている状態が続くと代謝もますます下がってしまいます。お通じを良くすることで溜め込みやすい体質が、余分なものを排出しやすい体へと変化するのです。

生漢煎防風通聖散の飲み方は?

生漢煎防風通聖散は、満量処方の漢方薬になります。満量処方とは、1日分の生薬が全て入っている処方のことをいいます。漢方薬の場合には1日の生薬の配合バランスが決められており、生漢煎防風通聖散の場合には27.1gの源生薬を4.500㎎のエキスの凝縮して配合してあります。1日に3回、1包ずつ飲めばいいので非常に手軽に利用することができます。使用されている添加物も、独自の製剤技術によって非常に少ない量になっています。個包装なので持ち運びにも便利で、外出先などにも簡単に持って行くことができます。

効果が出るまでの期間

効果が現れるまでの期間は人によって個人差がありますが、大体1ヶ月程度継続して飲み続けていると効果が現れ始めます。(口コミでは、便秘は比較的すぐに改善された!と言うコメントが多かったですね) ただし、漢方薬は体質を改善することを目的に使用するものなので、即効性があるわけではありません。数日間や数週間程度で、効果がなかったと判断することはできません。少なくても1ヶ月以上は継続して飲む必要があります。また、便秘やむくみといった症状については、数日程度で効果が現れることが多いようです。

【話題の防風通聖散】生漢煎の評判や口コミは?安い値段で購入できる販売店はどこ?解約はできる?

2019.03.29

生漢煎防風通聖散を飲むタイミングはいつ?

生漢煎防風通聖散を飲むタイミングは、食前か食間に1日3回飲みます。朝・昼・晩と服用することになっています。食間は食事と食事の間のタイミングで、前回の食事から2時間から3時間程度経った頃のことをいいます。漢方薬は基本的に、空腹の時に飲む方が効果を発揮してくれます。基本的には1日3回とされていますが、人によっては効き目が出過ぎてしまうこともあります。便秘は解消したものの、下痢になってしまったり腹痛が生じたりすることもあるようです。その場合には、服用する回数を減らすといった対処が必要になります。下痢が続くような場合には、医療機関を受診して医師の診断を仰ぐのがおすすめです。

【辛口評価】生漢煎 防風通聖散は痩せる効果なし? 成分・副作用やメーカーまで全解説

2019.03.29

生漢煎防風通聖散の購入方法は?

生漢煎防風通聖散を購入する際は、Amazonなどには売っていないので公式サイトから購入するとお得に購入することができます。定期コースを申し込んだ場合には、通常よりも大分リーズナブルな価格で購入することができるからです。初回だけではなく、2回目以降も割安な価格になっています。それから定期コースであれば、全国どこでも送料が無料です。定期コースには回数制限もないので、いつでも変更したり解約したりすることができます。大人のダイエットメソッドや飲み忘れ防止カレンダーといったプレゼントも付いています。インターネットから注文できるので、とても手軽に利用することができます。

まとめ

生漢煎防風通聖散は、お腹周りの脂肪に効果的な漢方薬です。18種類の生薬が配合されていて、代謝をアップして脂肪燃焼を促進する働きがあります。便秘やむくみの解消にも効果的で、太りにくく痩せやすい体質にしてくれます。漢方薬は体質を改善することが目的なので、即効性があるわけではありません。そのため効果が出るためには、しばらく継続して服用する必要があります。ただし、便秘やむくみの解消は比較的早い段階で効果が現れることが多いようです。1日に3回、食前か食間に服用します。漢方薬は空腹時に服用するのが、効果を最大限に引き出す方法になります。公式サイトから注文すると、通常よりもお得な価格で購入することができます。