【リバウンドしたあなたへ】 ダイエット成功の解決策を原因別に

ダイエットマスター

こんにちは!

さて、先日、Yahoo知恵袋でこんな投稿を見かけました。

ダイエットでリバウンドしてしまいました。

リバウンド後のおすすめのダイエットを教えてください。
今やってるのは、和食と野菜中心にしてあげもの・甘いものはなし。(たまに友達とご飯行く時にご褒美に月1程度ででき
るだけカロリーの低いものを食べるぐらい)
運動は足上げ毎食後15回踏み台30分
をとりあえず継続して続けられるようにしています。他にもおすすめのダイエット法があれば教えてください。

Yahoo!知恵袋

ダイエットマスター

こんな投稿がちらほらで、ダイエットしてリバウンドしてしまった….という方も多いみたいですね。

そこで、今回の」記事ではダイエットでリバウンドしてしまった! という方のために、リバウンドしてしまった原因別に解決策を解説していきたいと思います!

リバウンドしても大丈夫!日本人のリバウンド率は73%

引き締まった美しい体形を手に入れる為にも、普段からダイエットに挑戦している女性は少なくありません。きちんとトレーニングを続けたり、食事制限を行うことによって生活習慣を管理することが出来れば、ほとんどの人が目標を達成することが出来ると言われています。 しかしダイエットに成功した後に、元の生活をおくると多くの方は元の体形に戻ってしまう場合は想像以上に多いとされ、日本ではリバウンド率は約73%と非常に高い数値が出ているのです。これはどのようなダイエット方法でおこりうる状態なので、ダイエットに成功した後も理想の体形を維持するためには、リバウンドしてしまう原因や、対策をきちんととることで防ぐことが出来るようになります。

参考: 「女性セブン」(小学館/2011年8月18日号

リバウンドしてしまう人の共通点について

ダイエットを行っている方で、リバウンドを引き起こしてしまう方は必ず共通点があります。きちんとその原因と理由を自分で把握できていれば、元の生活をおくるようになっても意識的に体重を維持することが出来るようになります。

まずリバウンドを起こしてしまう方の共通点の一つが、セルフイメージが太っている自分に設定されてしまっていることです。せっかく痩せることが出来たとしても太っている自分を快適ゾーンに設定してしまっていることで、脳科学的に痩せた体は無意識に元の太った状態に戻したいという力が働いてしまうので、リバウンドを起こしてしまうと考えられています。 そのため痩せた後体型維持をするためには、セルフイメージを太っている自分から、痩せている自分に切り替えることが必要となります。普段から鏡を見て体形チェックをするようにしたり、毎日の体重の確認などをして意識をするようにすると、自分の体形を客観的に把握することが可能です。

リバウンドの原因その1 食事制限で痩せたから

ダイエットでリバウンドをしてしまう方の原因の一つとして挙げられるのが「食事制限で痩せた」場合です。短期間で体重を落とそうとする方の多くは、極端な食事制限を行って無理に体重を落とす方は多いです。一般的に痩せるためには摂取エネルギーを減らす食事制限と、消費エネルギーを増やす運動を並行して行っていくことで効果が出ますが、運動に比べて食事制限を続けるとより体重変化に影響が出やすいことがわかっています。 そのため運動嫌いな方で、食事制限だけで体重を落とそうと考える方は極端な摂取エネルギーの減らし方を行ってしまうのです。 無理な食事制限を行うことで、目標体重になれた時に食事を元に戻してしまうと、一気に体重が戻ってしまうという方は非常に多いです。極端な食事制限は、体の自己防衛反応によってエネルギー効率のよい脂肪を減らさず、蓄えるように変化してしまうので筋肉を減らして脂肪が増える悪循環を引き起こしてしまう危険があります。

リバウンドの原因その1の解決策

食事制限で行うダイエットで、リバウンドを引き起こさないためには、短期間で痩せようとせずに「摂取エネルギーより消費エネルギーを増やす」ことを意識して食事習慣をおくることがポイントになります。まず基本的な三食の食事はかならずとり、間食として摂取するおやつやアルコール類などを減らすだけでも高い効果を期待することが出来ます。 また食事をする際には、回数を減らすのではなく一回あたりの量を減らすようにすることで、摂取カロリーを抑えることが可能ですし、食事をする際には推定エネルギーをチェックして食事メニューを決めることも大切です。また食事に肉類を取り入れる際には脂身の多い肉が避けて、ヒレやもも肉、鶏肉を使い網焼きしたり、下茹でや湯通しして脂を落とすことで余計なカロリーを抑えることが可能となります。 調理をする際には炒める、揚げるといった調理法よりも、煮るや蒸す調理をするメニューにすることも重要なポイントです。

リバウンドの原因その2 急に減らしすぎた

リバウンドをしてしまう原因は他にも「急に体重を減らしすぎた」ことが影響しています。減量すると脳は体重の減少を生命の危機と捉えてしまうので、抵抗することでエネルギーを欲しやすくなります。それでもエネルギーが得られないと今度はエネルギー消費を節約しはじめるため、体の代謝が落ちて痩せにくい体になってしまうのです。またダイエットで減量すると、脳は食欲を増進させる働きを持っているので、リバウンドを起こしてしまいます。

リバウンドの原因その2の解決策

脳には体の適正体重がインプットされており、ダイエットを行って減量するとインプットされている適正体重よりも下回ることで脳が危険を感じてエネルギーを欲しやすくなります。そこでリバウンドを起こさないポイントとして、脳が体重の減少に気づかないようにするためにも減量は一ヶ月に体重の4%以内に抑えることがポイントです。 60kgの体重の人であれば、一ヶ月に落とすのは約2.4kg以内という計算となります。意識的にダイエットをしようと考えることで脳は抵抗しやすくなるため、減量を意識するのではなくメリハリの良い美しいボディになるといった違うイメージを目標にすることもおすすめです。

リバウンドの原因その3 ダイエット後の過食

リバウンドの原因にはダイエットによるストレスで起こる過食も影響しています。ダイエット中は間食やお酒などを減らすことでカロリー制限を行っている方は多いです。普段楽しみにしていることを我慢するのは思った以上にストレスを感じてしまうので、目標体重になったことで安心してしまい、反動で過食気味になってしまう方は大変危険です。

リバウンドの原因その3の解決策

食事制限のみでダイエットをしている方に、このストレスの反動で過食してしまうことでリバウンドを起こしやすくなる傾向があります。基本ダイエットに食事制限は基本とされていますが、過度な食事制限や普段楽しみにしている間食などを一切カットしてしまうのは、ダイエットを継続して続けることが出来ない原因となりがちです。食欲を我慢しすぎてしまうと、ダイエット成功後にストレスの反動で過食してしまう危険があるので、短期間で過剰な食事制限は行わないようにして、間食やお酒も程々に楽しむ程度に抑えるだけでもダイエットは無理なく続けることが出来ます。

ダイエットすると嬉しいメリット

ダイエットを行うメリットは体重が減るだけではなく、体脂肪が減ることで顔がシュッと引き締まり、お腹周りも非常にスリムになるので見た目が良くなります。そうするとファッションの選択肢が増えて、周りからの視線も気にならなくなることから自分に自信を持つことが出来ます。他にも病気のリスクを減らすことが出来るので、健康に生活をすることが出来るメリットがあります。

ダイエットでリバウンドしないためのまとめ

ダイエット後にリバウンドを起こさずに痩せた体形を維持するためには、短期間で過度な食事制限を行うのは避ける必要があります。一日三食はしっかり食べて、間食の回数やお酒の量を減らしていったり、食事制限と共に運動をして消費カロリーを多くすることが重要になります。急な減量も痩せにくくなる原因なので、一ヶ月に体重の4%以内に抑えることもポイントです。また、自分で無理やり痩せようとするとリバウンドなどの危険が伴うことが多いので、お財布に余裕がある方はパーソナルジムで確実に痩せるのもおすすめです! ただ、パーソナルは高いところも多いのでやすいPOLICYBiPなどのパーソナルジムがおすすめです。

\あなたにオススメの関連記事が出ています/

[関連記事]【5kg痩せたい】3週間で絶対にダイエットしなきゃいけないあなたへ