プロテインはバストアップに効果あり?おすすめの摂取タイミングや種類、期間まで

プロテインは単純に体を太らせる訳ではなく、タンパク質を効率よく摂取できるので適度な運動や摂取方法を重ねることでバストアップ効果が期待できます。詳しい詳細は以下で徹底解説します!

そもそもプロテインはバストアップに効果がある?

結論から言うと、

プロテインはバストアップに効果があります。

バストアップのためにはある程度の脂肪が欠かせません。ところが痩せすぎ体質の人ですと、脂肪量が少ない傾向があります。脂肪の塊でもあるバストは、痩せていると膨らみにくく、なかなか大きくすることができないのです。

しかしそうした体質の場合でも、プロテインを摂取することでボディメイクをしやすくなり、ふくよかな体形を作りやすくなるでしょう。 ただ、プロテインを摂取するのなら適度なトレーニングも欠かせません。単に太れば良いというわけではありませんので、プロテインだけを闇雲に摂取するのは推奨されないのです。

あくまでも必要な運動を行いつつ、必要な栄養素を補っていってこそバストアップを実現できるため、その辺りのバランスを考えた取り組みが求められます。また、太るのが怖い….と言うプロテイン初心者の方にはソイプロテインがバストアップを目指すのにはおすすめです!

女性におすすめのソイプロテイン

[決定版]最速で足を細くするジムメニューやマシンなどの方法を公開!

2018.11.06

筋トレのやりすぎはバストアップにマイナス効果も

形の良いバストを作ったり、垂れさがりを防止したりするには筋トレが有効です。筋肉は脂肪を支える働きがありますので、筋力をアップすることでバストアップ効果に期待することができるのです。

しかしながら、バストアップを目指すのならやりすぎにはならないよう注意しなければいけません。例えば、ボディビルダーのような激しい筋トレを行っていると、引き締め効果が出過ぎてしまい胸痩せの原因になってしまう恐れがあります。

とはいえ、極端に高負荷なトレーニングをしない限りは、そこまで大きな影響を受けてしまうことは少ないです。ただ、筋トレにハマってしまうと加減ができず、鍛えすぎになることもありますので、やりすぎはマイナス効果になることを念頭に置き、ほどほどに留めるようにしましょう。

また、そもそもバストアップと言うよりは全体的に痩せ型でふっくりしたカラダを手に入れたいという方には、栄養の吸収を酵素の力で促進してくれる女性向けのふっくらボディ作りサプリ(プルエルなど)もおすすめです。

種類はホエイ・カゼイン・ソイでどれでもOK

プロテインには種類があります。ひとつはホエイで、牛乳を原料に作られています。低カロリー且つ豊富な栄養を含み、吸収も早いのが特徴です。カゼインも同じく牛乳が原料です。乳固形分であり、チーズやヨーグルトを固める効果を持ちます。ホエイと違いゆっくりと吸収されるのが特徴です。ソイは大豆が原料のプロテインです。カゼインと同じく、吸収がゆっくりで腹持ちの面でメリットがあります。

プロテインにはこういった種類があり迷ってしまうかもしれませんが、バストアップ狙いなら基本的にはどれでも構わないと言えるでしょう。太るのが怖い….と言うプロテイン初心者の方にはソイプロテインがバストアップを目指すのにはおすすめです!

女性におすすめのソイプロテイン

いずれの種類でも豊富な栄養価を持っていますので、脂肪を増やすためにも効果を発揮します。カゼインとソイは吸収が遅いため、ダイエット効果も期待するのなら腹持ちが良いこのタイプが良いと言えそうです。 ただ、効き目が遅いのでトレーニング前に飲んだりと扱いやすく一般的に多く飲まれているのはホエイですね。

プロテインマニアの私が厳選したおすすめのホエイプロテイン4選

2019.01.03

バストアップ狙いのおすすめの摂取タイミングと期間

摂取のおすすめタイミングとして、ひとつは運動後です。トレーニングをした後は体が栄養を欲していますので、スムーズに吸収されやすいタイミングと言えます。しっかりと取り込まれてこその栄養でもあるため、体内に入りやすい瞬間を狙うことが大切です。

また、就寝前も適したタイミングと言えるでしょう。眠っている時は当然のことながら栄養を補給することができません。栄養が不足すると筋肉の分解も進んでしまいますので、バストにも影響することが考えられます。したがって眠る前にも飲むことが推奨されます。

ただ、トイレに目覚めやすくなると睡眠の質を落としますので、飲み過ぎないよう注意が必要です。 その他にも、置き換え用や間食代わりとしてもおすすめと言えます。腹持ちが良い上、効率的に栄養を補給できます。

また、プロテインは1回飲んでおしまい! では効果がないので、一定期間継続的に運動と合わせて飲み続けましょう。